フージョブマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フージョブ」

メンズエステの正しい遊び方とメンエス用語を学ぼう!

      2022/01/05

メンズエステの正しい遊び方とメンエス用語を学ぼう!

メンズエステ

通称メンエス

今や、誰もが知る「男の遊び」です。

ですが、まだ未経験という人や、人に誘われて試しに経験してみたけれどイマイチ良くわからなかったという人もいるでしょう。

特に

アロマ、回春などと名乗る風俗エステや、一般のリラクゼーションサロン。

あるいはチャイエスなどと呼ばれる外国人のマッサージ屋。

こういったものとの違いがわからないという人も少なからず見かけます。

そこでこの記事では、メンズエステの正しい遊び方について解説したいと思います。

またメンエス用語も交えて説明するので、メンズエステ未経験・初心者の方は、正しく遊ぶため、そして目一杯楽しむためにも、ぜひ、目を通してください。

メンズエステは風俗店ではない!

メンズエステは風俗店ではない!

これ、混同している人がいるんですが、メンズエステは風俗店ではありません。

え?俺、メンエスで抜いて貰ったよ。

なんて男性もいるかもしれませんが、メンエスはヌキなしで、あくまで癒しハプニングを楽しむところです。

気持ちのいいオイルマッサージを受けて、ちょっとポロッとしちゃったり、ギリギリキワキワに手が触れたり…。

そういうドキドキ感を個室で楽しめるのが、メンエスの醍醐味!

手コキで抜いてくれ、何が何でも射精したいという男性は、どうぞ風俗エステへおいでなさい!

というわけですね。

メンエスは施術とハプニングを楽しむところ

メンエスは施術とハプニングを楽しむところ

メンエスは施術とハプニングを楽しむところ。

といっても

それじゃあメンズエステと、街の一般のリラクゼーションサロンでオイルマッサージを受けるのと何が違うんだ?

って思いますよね。

メンエスの代表的な施術と施術中に起こるハプニング。

その内容を解説します。

メンエスの代表的な施術

メンエスの代表的な施術といえば、次の4つでしょう。

鼠径部/鼠頸部/キワ施術

これは想像がつきますね。

膝上のマッサージをするにあたり、太ももの付け根の付け根の付け根の部分までしっかりマッサージしちゃいます。

普通のマッサージ屋では、渡される紙パンツもトランクス型の大きいものだったり、セラピストの手も太ももの真ん中あたりまでしかこなかったり。

これがメンズエステになるといきなり、グイグイーっと上まで。

鼠蹊部にはたくさんのリンパがあり、ここをしっかり流すのはとてもいいんです。

何がいいって体に…そして気持ちいい。

タイタニック

あの映画の名シーンと同じく、お客様の両腕を真横に伸ばすんです。

それだけ?

いえ、これはですね、仰向けにしろうつ伏せにしろ、セラピストが覆い被さるようにして、お客様の腕をグーッと横に伸ばすんです。

覆い被さるように…

マーメイド

次なるマーメイドは、お客さんの片脚をセラピストの両脚に挟み込んでスライドする施術です。

オイルを付け手滑りを良くし、太ももに挟み込んでスライドする。

先に述べたタイタニックや次に解説するスパイダーと共に

メンエス三大密着プレイ

と呼んで良いでしょう。

スパイダー

スパイダーは、セラピストがお客さんの身体に覆い被さり、腕やからだを使ってマッサージします。

お客さんを圧迫し過ぎないように、肘や膝を軸に手足で自分の体を支えるので、セラピストにとっては体力のいる施術です。

ここであげた4つの施術は、メンエスならではの醍醐味。

街のリラクゼーションサロンでは、そもそも男性はオイルやアロママッサージを受けられなかったり、受けられてもこのような施術はありません。

施術中に起こるハプニングといえば…

このように密着度やギリギリ感が強いメンズエステですから、施術中にドキッとするハプニングが起こることもあります。

メンズエステで起こるハプニングの名称とその内容を解説します。

誰ですか?

読みながら既に妄想と興奮が止まらないのは?

鎮まれ、鎮まれ〜

おっぱいスタンプ

もうこれは、読んで字の如し。

施術中に、セラピストのおっぱいが当たるんです。

大きな動きでマッサージすると、どうしてもそうなっちゃいますよね。

中には故意なのか、仰向けの頭の上側から、かがみ込むようにマッサージするセラピストなんかもいて、しかもそのセラピストが巨乳だと…。

うわあああ

という至福を味わうことができます。

往復ビンタ

おい、てめえ、ふざけんじゃねえぞ!

と突如ヤンキー化したセラピストにビンタを張られるわけではありません。

これは、鼠蹊部、いわゆるキワキワをマッサージすると、どうしてもセラピストの手が、男性の袋や竿に何回も当たってしまうことを言います。

いや、たまらんです。

このような往復ビンタならいくらでも受けたいですよね。

マンスタ

これ、省略するからわかりにくいんですが

マ○コスタンプ

おっぱいスタンプのマン○バージョンです。

覆いかぶさるセラピストのアソコが、脚に身体に押し付けられます。

できれば顔とか、そのう…真ん中にもスタンプ押して欲しい。

よくあるメンエスでの誤解

よくあるメンエスでの誤解

今までメンズエステの施術内容がわかっていなかった男性の中には、ここまでの情報で

すげー!メンエスすげー!

と既に興奮状態。

ムスコも興奮状態。

そんな男性もいるでしょう。

ただし忘れてはいけないことがあります。

メンエスはあくまでもどこまでも

風俗店ではありません!

先述したハプニングが起こると「ヌキOK合図」と勘違いする男性がいるが、断じてヌキの合図ではありません。

セラピストは、風俗サービスでないギリギリの限界で、最高のサービスをしてくれてるだけですのでお間違いなく。

とはいえここまでエロエロだと、中には、誤爆してしまう男性もいるのでは?

そう思いますよね。

恥ずかしいけど許される?!

という質問には、風俗ではないので駄目だとお答えします。

まあでも意図せぬ誤爆ハプニング(思わず射精してしまう)は、時々起こります。

ですが誤爆でもセラピストから嫌われるとは思います。

できるだけ注意が必要です。

もし頑張っても誤爆してしまった時に

いいんですよ

と笑顔で言ってもらえたら、それは非常にラッキーです。

優しいセラピストに当たったんですよ、貴方。

こういうことをいうと

  • メンエスはヌキありだろう
  • メンエスなんて実際風俗だろう

とトンデモなことを言い出す人がいます。

掲示板などでは、一部の悪質なお客や、面白がって煽る部外者によって、寛容とかオイタとか、お触りとか、色々言われてますね。

まず

寛容度高め=触ってOKではない!

あくまで施術中の密着度が高いという意味です。

密着度はセラピストによって差があり、普通のリラクゼーションとあまり変わらない子もいれば、ヌキやお触りはないけれど、本当にエロな子もいます。

また

オイタOK=触ってOKではない!

触っても怒られなければOKではありませんよ。

そういう遊びではないのですから、紳士たるものセラピストに触るべからず!です。

更に

大陸系…いわゆるチャイエスなどを経験している男性の中には、裏オプションがあると思っている人がいます。

混同するな!と言わせて頂きます。

よくある大陸系とは違い、裏取引(追加料金で風俗行為)などは一切ありません。

店で明示されているサービス内容が全てです。

しつこく値段交渉&ヌキ交渉、ひどい場合は本番交渉などをすると、即出禁になってしまいますのでご注意を。

彼女たちは風俗の仕事ができない、またはしたくないから、メンズエステで働いているんです。

そこを理解して正しい遊び方で楽しみましょう。

間違っても、自分の無知と理性の欠如を棚に上げ、無茶を言ったり暴言を吐かないように。

それは紳士として、非常に恥ずかしいことです。

まとめ

今回は、メンズエステの遊び方について解説しました。

最後に、メンエスを利用したいという男性のために注意点を挙げておきます。

これさえしっかり頭に入っていれば、問題なくスマートに遊べるでしょう。

まず、昨今は数え切れないほどのメンズエステが存在します。

ワンルームマンションで開業するメンエスは、比較的簡単に始められるので、玉石混交といったところです。

ですので、大切なのは信頼できる有名サイト、週刊エステなんかでお店探しをすることです。

メンエスは医療行為を目的としたマッサージ店ではなく、あくまでリラクゼーション。

風俗ではなく、あくまで健全なリラクゼーション。

ですが利用時の注意事項は、街のリラクゼーションや風俗を利用するときと良く似ています。

予約時間を守る。大幅に遅れると、次の予約が入っているため、施術時間が短くなる。

前後には1人でシャワーを浴びますが、しっかり清潔にしましょう。セラピストから嫌われないための最低限のマナーです。

健全店なので当然紙パンツを履きます。フルチ○ではございません。

コロナ防疫のため、マスク着用します。

持病、ケガなど身体に不調がある人は、マッサージの類を受けるべきではありません。

もちろん、盗撮や引き抜きなどは絶対禁止です。

セラピストが怖がるような言動は慎みましょう。そういう人はサービスを受けられません。

大丈夫ですか?

メンズエステの遊び方がわかったら、もう心配はありません。

気になるお店に突撃です。

 - 業界の知識 , , ,