フージョブマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フージョブ」

飲食業界を辞めたい人が、確実に高収入を得られる転職先

      2021/11/24

飲食業界を辞めたい人が、確実に高収入を得られる転職先

飲食業界で働いている人は多いですが、仕事や待遇に満足していて将来的にずっと続けたいと考えている人はどれくらいいるでしょうか?

飲食の仕事は好きだが、給料が安い。デスクワークの経験がなく、仕方なしに現在の仕事をやっているが、体力的にキツイ。将来性が感じられない。

こんな風に思っていませんか?

もしそうなら…、思い切って風俗業界に転職してみてはいかがでしょう?

いや、風俗はちょっと…と思う気持ちも分かりますが、飲食業が大好きだ!他の仕事は一切考えられない!というのでもない限り、一度この記事を読んで見て頂きたいのです。

飲食業界からの転職を大歓迎します!

飲食業界からの転職を大歓迎します!

風俗業界は学歴・経歴を問わず、広く門戸を開いています。入社時点で求められるスキルや資格も特にありません。ですがココだけの話、採用する側として歓迎するタイプの人材というのはもちろんあります。

飲食業界から風俗への転職は、とても有利です。なぜかというと、飲食の仕事でのスキルや経験は、風俗店スタッフとして活かせることが実に多いのです。

コミュニケーション力

風俗店スタッフの仕事の出来不出来を決めるのは、お客様への対応と働いている女の子への対応です。コミュニケーション力が高ければ、自然に昇進・昇給もしていきます。

飲食業界で働くと、毎日が接客、そして一緒に働く同僚や後輩・部下とのコミュニケーションの繰り返しです。今まで飲食で働いてきて、ちょっと困ったお客様もいたでしょう。あなたの気遣いや接客で機嫌を良くして、リピートしてくれたお客様もいるでしょう。働きやすい環境を作るため、パートやアルバイトの女性と上手に接してきた経験もあるのではないでしょうか。

それら全てを活かすことができます。あなたが飲食業界で毎日当たり前にしていたそれこそが、風俗業界がとても欲しがっているスキルなのです。そんなこと?と思うかも知れませんが、そのスキルがなかなか身に着かず、苦労するスタッフだっているのです。

シフトワーク

飲食業界は長時間労働とシフト勤務が当たり前の業界です。会社の内勤のように、土日祝休み、9時-5時なんてあり得ません。風俗業界もそれに近いです。この労働体制が、今まで会社勤めしかしたことのない人には結構大変です。そういう人達が「風俗はブラックだ…」なんて言ってしまうようです。

飲食業界で働いた経験のある人が転職先に風俗を選んだ場合、十中八九、「楽だ」と言います。シフト制でそこそこ長時間労働なのは同じなのですが、立ち仕事である飲食業界に比べると、デリヘルならオフィス内でのデスクワーク中心ですから座っていられる上に、接客対応も電話口のみです。絶えずお客様の目を気にしていないといけない飲食店に比べると、リラックスして働けます。ちょっと面倒なお客様を対応するにしても、店舗でクレームを大声で出されるより、電話だけの対応の方が全然楽です。

笑顔と清潔感と機転

日本の接客レベルは世界一。外国で不愛想を通り越して無礼な接客を受けると、日本の接客スタッフが神レベルに見える。こんな話をよく聞きます。これは本当です。日本のサービス業では、特別優れているスタッフでなくても、笑顔と清潔感と敬語が最低限身についています。

実は風俗での仕事でも最も大切なのが、この笑顔と清潔感です。それって働いている女の子の話じゃないの?と思うかも知れませんが、男性スタッフも同じです。この2つがちゃんとしているスタッフは、お客様からも女の子からも好感を持たれます。受付対応や面接対応するスタッフはいわば店の看板ですから、飲食業界経験者が好まれる理由はここにもあります。

また飲食店などサービス業の現場では、オーダーが通っていなかった、飲食物をこぼしてしまったなど思わぬトラブルが起きることがあります。そんな時に、適切な判断をし臨機応変に対応する力も飲食業経験者の方にはあります。

年収600万円で低収入生活にさよなら

年収600万円で低収入生活にさよなら

飲食業界の低賃金はよく知られています。時給1000円以下のバイトでもフロアを任されたり、かなり責任のある業務を行う業界です。正社員でも年収200万円台の方がほとんどだと思います。今現在、お金がない、時間もない、そんな生活に嫌気がさしている人も少なくないのではないでしょうか?

風俗業では、未経験からの入店でも、短期間で年収600万円超が可能です。これは誇張でも何でもなく、飲食業界からの転職組が、当時の2-3倍の年収をリアルに実現しています。

特に難しいことやハードなことをするのではなく、今までに身に着けた対人スキルを活かし、同じ労働力(人によっては3割減かも)で今より多くの給与が手に入るとしたら…仕事は生活していくお金を稼ぐためにしているのですから、やはり年収はとても大切です。高収入になれば生活水準も上がり、将来や起業のための貯金をすることもできます。

飲食業界しか経験のない人へ

飲食業界しか経験のない人へ

他の業界で働いたことがなく、今まで真剣に転職先を検討していなかったなら、知らないことも多いと思います。飲食業について、簡単にデータをまとめましたので、参考にして下さい。少々、辛い結果が出ましたが…

【年収ランキングワースト2位】

そうなんです。飲食業って長時間労働で決して楽な仕事ではないのですが、競争が激しく、なかなか大きく儲かるものではないため、人件費が抑えられています。一般従業員の給与の上限はある程度決まっており、店長クラスでも驚くほど年収が低いのが実情です。最低でも複数店舗を管理する立場の人でないと、満足いく年収は望めません。若い時の独身時代はまあそれでもいいとして、将来的に結婚や老後を考えると、長時間労働と低賃金が非常に不安な業界です。

【転職先が限られている】

飲食業従事が長い人が必ずと言っていい程言うのが、「パソコンが使えない」「事務経験がない」。そのため今まで転職先を探す時も「飲食業界しか無理」「どうせ飲食で働くなら、慣れている今の店の方が楽」と半ば諦めていたという人が多いのではないでしょうか?

ありていに言ってしまえば「潰しが効きにくい」のが飲食の仕事です。頑張ってきたのに残念ですよね。

【案外、世間は冷たい】

世間体などが嫌で風俗の仕事を選ばない人が多いですが、実は飲食業界に対しても世間のイメージはそれほど良くありません。

飲食業界の仕事は、とても意義ある仕事です。美味しい料理を出し、常に人と接しおもてなしをし…食欲は人間の三大欲の一つですから、人を幸せにする仕事です。毎日いろんな人と接することで、刺激も受けられるし人間力も上がります。こういったところに「やりがい」を感じて、飲食の仕事をしてきたという人もいるでしょう。

しかしながら給与面など諸々を考えると、ずっと続けることに疑問を感じる人もいると思います。また世間的には「誰でもできる」など冷たい目を向ける人もいて、そこにもジレンマが生じます。

本来は飲食業に従事する人は

  • 人とかかわるのが好き(接客業をしたい)
  • 将来、自分の店を持ちたい

といった気持ちが強かったはずです。既にここを見失っている場合、色々としんどいと思います。

最後に

風俗も楽して給料が貰える訳ではありません。やはり仕事ですから、覚えることや頑張ること、我慢することなどがあります。ですがその苦労には高収入で報います。高収入=あなたの生活レベルと将来の安定度です。

今の飲食業界での仕事を、このままずっと続けたら、将来はどうなっているか。考えてみたことはありますか?もしそこに不安を感じるのであれば、一時的に風俗で高収入を稼いで、自分の店を持つなどの道を模索してみてはどうでしょう。2-3年でまとまった開業資金を貯めることができるのが、風俗業界です。選択肢としてはありですよね。

また飲食業界が大好きという訳ではなく、何となく働き、低収入と長時間労働に甘んじてきたという方は、是非これを機に生活の向上と将来について考えてみて下さい。

 - その他 , , , ,