【違法店を見極める】風俗男性求人スタッフ応募を考えているならココに注意!見分け方は実は簡単

      2022/11/05

【違法店を見極める】風俗男性求人スタッフ応募を考えているならココに注意!見分け方は実は簡単

日本全国にはたくさん、風俗サービスを行うお店があります。

その中には

  • 評判のいいお店
  • 稼げるお店
  • 老舗
  • 有名店

もあれば

  • イマイチなお店
  • マイナーなお店

もあります。

と、ここまでは合法店のお話。

世の中には、違法店というものも存在します。

この違法店が往々にしてトラブルの原因になっていますので、今回は違法店の種類や見分け方について、お話したいと思います。

絶対避けたい違法店

絶対避けたい違法店

違法店とは

法律に違反するお店のことです。

こう言われても

具体的にどういうものなのか、よくわからない

という風俗業界未経験の方も多いでしょう。

違法店というのは

実際は性的なサービスを行っているにも関わらず、風俗店としての届出をしていない。

一般マッサージやカフェなど、別の業種を名乗っている。

してはいけないと法律で定められているサービスを提供している。

18歳未満や不法滞在者を働かせている。

法律に従わない採用・営業をしている。

お客さんや従業員(風俗嬢含む)に、脅迫、暴行、強制労働など違法行為をしている。

こういったお店です。

デリヘルのような小規模な風俗店を、法律を守って正しく開業することは決して難しくありません。

なので、わざわざ上記のようなことをするお店は…ハッキリ言ってろくなもんじゃないです!

  • 元々、犯罪や違法行為が平気
  • 反社会的集団

といった人達でしょう。

こういうお店は、利用するにしても働くにしても絶対に避けないと、後でとんでもないトラブルに遭います。

そもそもこういうお店を利用するお客さん自体、まともな人は少ないです。

きちんとしたお店なら、出禁になってしまうような人は仕方なく、こういう違法店を使います。

ですので、働くキャストはもちろん、店舗スタッフにとっても、とても危険です。

もちろん違法店は、何かあった時にあなたの味方にはなってくれません。

おそらくトカゲのしっぽ切りのように、切り捨てられます。

どうやって見分けたらいいの?

どうやって見分けたらいいの?

そんな怖い違法店を避けるためには、まず見分け方を知る必要があります。

実は、これはそんなに難しいことではありません。

皆さんに知っておいて欲しいポイントは、以下の10項目になります。

①風俗サービスは、風俗店でしか行えない。

非風俗店、健全店などを謳いながら、性サービスをさせるなんてもっての他。

②店舗型風俗店と受付所のある風俗店は、決められたエリアで深夜24時までしか営業できない。

③18歳未満と高校生は、風俗では働けない。

④ヘルス系風俗やエステなど一般の風俗店では、本番行為は禁止されている。

⑤風俗店は行政の許可・届出が必須。その証明書は店内に掲示されている。届け出をしていなければ違法店。

⑥上記の届出をきちんとしているお店は、お店の中や求人サイトに、その届出の詳細を掲示・明記している。

⑦信頼できる優良店求人サイトは、掲載する全てのお店に対し、この届出の有無を確認している。

⑧風俗店は、女性を無理矢理働かせてはいけない。罰金やノルマを課してくるのは優良店ではない。脅したら違法。

⑨優良店は、嘘求人を出さない。

⑩ネットや路上での風俗スカウト行為(紹介)は違法である。

以上の10項目をしっかり理解していれば、自然に合法で優良な風俗店にしか出会わなくなります。

また、男性スタッフ求人募集サイトだけではなく、女性求人募集サイトも見ることをおすすめします。

そして

風俗やアダルトワークではないのに、簡単に風俗以上に稼げる!

手だけのサービスで誰でも1日10万円!3日出勤で5万円、5日出勤で10万円、1週間出勤で20万円のボーナスあり!

なんていう、うま過ぎる女性求人募集をしているお店にも要注意です。

まとめ

トラブルの原因になるので、絶対に避けるべき違法店

その見分け方は、実は単純。

基本的なことをきちんと理解し、優良店の求人のみ扱うサイトでお仕事探しをする!

これだけです。

決して難しいものではありません。

風俗と非風俗の境界線ははっきりしています。

風俗は、ヌキ(射精)のサービスがあり、行政に届け出を済ませているんです。

もちろん、私達が取り扱っている求人も、届出確認済みの優良店ばかりです。

 - その他 , , ,