仕事が続かないのは何故?特徴別に解説します!

      2023/12/01

仕事が続かないのは何故?特徴別に解説します!一般企業にも風俗業界でも「仕事が続かない」という人は一定の割合存在します。

ただ風俗業界の求人には「転職回数不問」という店舗も多いので、職歴の多さを気にしていないという求職者も増えてきてはいます。

ただ近年では、いくら転職回数不問と言われている風俗業界であっても、明らかに職歴が多い場合は不採用にする店舗も増えてきています

そりゃもちろん超絶ブラック企業に運悪く就職してしまった場合は、鬱や自殺をする前に転職したほうが良いですが、そうでないなら長く続けたほうが良いことは確かです。

そこで今回は「仕事が続かない人の特徴」などについて解説していきたいと思います。

短期間で転職を繰り返してしまう

短期間で転職を繰り返してしまう

一般企業でも風俗業界でも「仕事をすぐ辞めてしまう」人は少なくありません。特に風俗業界などは数日~数か月で退職してしまう人も多くなっております。

ある日突然無断で消えるバックラーみたいなタイプは極論だとしても、わざとではないけれどストレスでいきなり朝起きられなくなったり、通勤電車で倒れるなどということが起こってしまうこともあります。

最近では転職回数を気にしない企業が増えてきているとは言っても、あまりにも転職回数が多すぎると不利に働いてしまいます。

いくら転職回数不問な風俗業界とは言っても、あまりにも転職回数が多すぎる求職者は採用しないというお店も増えてきている傾向があります。

仕事が続かない人の特徴

仕事が続かない人の特徴

では、どんな人が「仕事が続かない人」なのか、1つ1つ解説していきましょう。

人間関係の構築が苦手

人の意見を素直に受け止められない

人の目が気になる

自分に自信がなくネガティブ志向

このような理由が原因の場合も多くなっております。

別に職場は友達作りの場所ではないので、職務に関する内容を過不足なく意思疎通ができたらもうそれでOKなので、難しく考えるのはやめましょう。

職場は仕事をする場所です。職務に関係のないプライベートな部分をむやみにさらけ出したり出されたりするのは、仕事が続けられなくなるストレスの原因になってしまいます。

プライドが高く協調性がない

プライドが高いため、自分より年下の上司に指示されることが耐えれられないだとか、自分より後輩なのに先に昇格するのが許せなくて辞めてしまうというタイプも少なくありません。

でも風俗業界の職場は年功序列ではなく能力序列です!

先輩後輩とかくだらないことを考える暇があるなら、仕事でさっさと結果を出して、上司に昇給の交渉でもしたほうがよっぽど精神的健康に良いと思います!

飽き性

環境に飽きやすいタイプなら、たとえば姉妹店を多く抱えた風俗店グループに就職して、一定期間ごとに勤務地を変えてもらうという対策も取れますね。

仕事内容に飽きやすいタイプなら、たとえ同じ結果を出す仕事であってもその過程の手法をちょっと変えてみるとか、PC作業であれば新しいガジェットを導入してみるとかで工夫をこらすと良いでしょう。

もしかしたらすごく合理的で効率的な仕事方法を編み出せるかもしれません。

我慢が苦手

キツイことや嫌なことを我慢出来ない人が多いですね。

もちろんパワハラやイジメなどは我慢する必要はありませんが、通常の業務で嫌いな作業をするのが嫌だとか、苦手な同僚や上司と接するのが嫌などのような理由で辞める人も少なくありません。

大人の社会人なら、職場では笑顔で拒絶とか笑顔でスルーするスキルも大切です。

ただこの場合はむやみに我慢するのではなく、合気道のごとく受け流すのが良いでしょう。ストレスを溜めない工夫も仕事のうちです。

志望動機がない

人に勧められたから

求人が上に出てきたから

家から近かったから

このように志望動機とは言えないような理由が多いです。

もちろんすべての仕事に全員が高い志を持ってやってくるとは思いませんが、何かしらやりがいと楽しみは見つけたほうが良いですね。

1つの仕事を長く続けるためには?

1つの仕事を長く続けるためには?

会社選びをしっかりする

「思ってた感じと違う!」というようなミスマッチが起こります。しっかりと会社を選べばその確率は減ります。

いくら不況や就職難だからと言って、自分にあまりにも合わない職場を選んだ結果、心や身体を壊して休職や退職になってしまっては本末転倒です。

仕事は生活の為と割り切る

嫌だな、つらいなと思うことは仕事をしていれば誰もが経験することです。でも人は収入が無ければ生活が出来ません。

収入を得るためには仕事をする必要があります。

仕事は生活の為と割り切ることや多少の我慢も必要です。笑顔で受け流すスルースキルも身につけて、心身ともに健康に仕事しましょう。

人間関係は最小限に

人間関係が原因で辞めている人は、人間関係を広げ過ぎないことが大事です。悪い意味で親密になりすぎると、仕事で軋轢が起こることもあります。

まずは仕事に支障が出ない程度で必要最小限に留めておくのがオススメですよ。

いくら休憩時間に楽しく話せる相手ができる相手であっても、仕事上での意思疎通が難しい相手だったら職場も自分も困ってしまいます。職場は友達作りの場所ではありません。

仕事上で大切な意思疎通と挨拶以外は、お互いに踏み込みすぎないほうが、仕事を長く続けやすくなります。

もしどうしても人間関係を構築していきたい場合は、急がずゆっくりと少しずつ広げていく方がいいでしょう。

まとめ

1つの仕事を長く続けるには、しっかりと自分に合った業種や会社を選ぶことが大切です。また、職場の人とは悪い意味で親密になりすぎないのも大切です。

業務上に大切な挨拶やマナー、意思の疎通だけきちんとできていれば、仕事はスムーズに遂行できます。

仕事は生活のためと割り切って、自分のプライベートをしっかりと大切にするのも仕事を長く続けるコツだと言えるでしょう。

 - 豆知識・雑学 , , , ,

コスパラの風俗スタッフ求人

この記事を書いた人

miumiureise
東南アジアとヨーロッパを中心に外こもりライフを満喫中。日本の夜遊びはだいたいハプバーかフェティッシュイベントが好きだけど、昼間は美術館でヌード作品の鑑賞が好き。