風俗業界の未来!キャッシュレス決済の波は、やってくるのか?

      2022/07/09

風俗業界の未来!キャッシュレス決済の波は、やってくるのか?

遅ればせながら、日本にもキャッシュレス決済の波がやってきています。

諸外国に比べると、とにかく「現金主義」の日本。

クレジットカードなどは使い過ぎるし、一種の借金だし...

という考えはまだまだ根強いです。

しかしながらスマホとネットの普及、そしてこのコロナの影響で、現金を持ちたくない人が増えています。

また従来のクレジットカードやデビットカードではなく、電子マネーを普及させようと、国として取り組み始めました。

果たして風俗業界に、その波は押し寄せてくるのでしょうか?

国が推奨しているんだから、当然、風俗もキャッシュレス決済になる?

本当にそうでしょうか?

日本と世界のキャッシュレス決済普及率について

日本と世界のキャッシュレス決済普及率について

日本は現金社会で、現金をまったく持たずに毎日過ごしている人は、ごく少数でしょう。

ところがこれは世界、特に先進国では珍しいのです。

日本と世界のキャッシュレス決済普及率について、詳しくお話する前に、現在あるキャッシュレス決済方法の種類について説明します。

キャッシュレス決済は4種類

まず、キャッシュレス決済には、大きく分けて

1.クレジットカード

利用者とカード会社の信用契約によって、後払いができるカードのこと。リボ払い(分割)には利息が付きます。

2.QRコード決済(LINE Pay、PayPay、d払いなど)

店舗側の情報や利用者側の支払い情報に紐づけられているコードを利用金額と共に読み込むことで、決済アプリやクレジットカードから利用額が引き落とされます。

3.電子マネー(スイカやパスも、楽天Edyなど)

利用する前にカードやスマホなどにチャージする、プリペイド方式の決済手段です。

4.デビットカード

預金口座と紐づけられた決済用カードで、デビットカードで支払うと即時に代金が口座から引き落とされます。

の4種類があります。

日本のキャッシュレス決済普及率は25%

日本のキャッシュレス決済普及率は25%前後と、先進国ではとても低いです。

韓国は90%以上、中国は80%と普及率1位と2位。

ただアメリカは意外に45%前後で、イメージより低いんですね。

日本のキャッシュレス決済普及率が低い原因

それにしても20%台というのは、相当低い数字です。

なぜ日本のキャッシュレス決済は、そんなに普及しないのでしょう?

一説によると

4種類の決済×各サービス(スイカとかナナコとか、ペイペイとか、ナジコとか・・・)があり過ぎるから。かつそれぞれ少しずつサービス内容が異なるため、どれがいいのか迷ってしまい、結局使わない。

というパターンらしいです。

確かになんか色々あり過ぎて、本当はどれがお得なのか、自分に合ってるのか、よくわかりませんよね。

QRコード決済に関しては覇権争いが熾烈で

① LINE Pay

② PayPay

③楽天ペイ

④ d払い

⑤メルペイ

⑥au PAY

と実に6種類もありカオスです。

中国通の友人によると、QRコード決済世界一の中国は、基本2種類のみらしいです。

そりゃシンプルだし、普及しますよね。

国がキャッシュレス決済を推奨する理由

国がキャッシュレス決済を推奨する理由

それにしても、やるならもっと早く、ひと昔前にやるべきなのに、何故今更?

グローバル化?

インバウンド推奨?

今更ですか?

よ~く考えてください。違いますよ。

キャッシュレス決済になると、現金の流通が少なくなるので、お金作らなくてよくなります。

実はお札や硬貨を作るにも、色々お金がかかります。

かなりかかります。

日本は借金大国で、1212兆円借金があります。

国民ひとりあたりの負債額は約1000万円!

と、いつの間にかとんでもない借金額を背負わされているんですよ、私たち。

ここへきて、何かと節約モード、緊縮モードに国が向いているのは、そういうことです。

お給料の支払いも、電子マネーで!なんてバカげたこといってますが、その理由はお金作るお金がもったいないからなんです。

風俗業界にもキャッシュレス決済の波は来るのか?

風俗業界にもキャッシュレス決済の波は来るのか?

正直、何もかもキャッシュレス化されてしまうと、良いことばかりではありません。

全てのお金の流通が1円単位で記録され、色々なところに筒抜けなわけです。

個人情報なんてどこまで守られているのかって、色々な情報漏洩の話を聞くと思っちゃいますよね。

だって、柔らかい銀行のあの人とか、世界を牛耳るビル〇〇〇なんて、もし見ようと思ったら、僕の人生まるごと全部知れそうですよね。

あ~やだやだ...

以前、エロのおかげで世の中に普及したものという記事を書きました。

読んでくださいましたか?

実は、もしかして今回もエロが日本の経済を救うのではないか?

こう僕は思っています。

これは僕だけの意見ではなく、この業界の周りの人も同じなのですが

風俗でキャッシュレス決済は普及しません!

なぜ、風俗ではキャッシュレス決済は普及しないのか

なぜなら、風俗はニコニコ現金払いが鉄則でからです。

風俗で働く女性のお給料はその日のうちに、現金で払います。

もしキャッシュレス決済ですと、お店の内部留保(お店の貯金みたいなもの)から、支払わなければなりません。

また、決済したお金がお店に振り込まれるまでに時間がかかってしまいます。

小規模店だと資金がショートします。

では女性のお給料、現金日払いを止める?

冗談じゃありません!

風俗嬢になる女性は皆それぞれ、様々な事情があり

即日現金日払い高収入

だからこそ、この業界に飛び込んできたんですから。

もしA店が率先して、お給料もキャッシュレス決済~なんて言い出したら、恐らく在籍女性の半分以上は

移籍しよう...

と求人サイトを見始めますよ。

と、このような問題があるため、率先してキャッシュレス決済しようとする風俗店はかなり少ないと考えられます。

利用者側にもメリットなし

利用者であるお客さんのほうにも、あまりメリットはありません。

既に現在でも、クレジットカード払いできる風俗店はあります。

が、決済手数料がお客様負担となるため、割高になってしまいます。

コース料金の10~20%上乗せの金額になっちゃうんです。

あと店頭ではなく電話のみで受け付けるデリヘルの場合、非常に支払いが面倒です!

①お店に電話し「クレジットで決済したいです!」と必ず事前連絡要

※女性が来てから、「現金ないからカードで」はNGです。

②HPの決済ページをクリック→決済カード会社のHPに飛んで→情報入力して→ 手数料を含めた総額を入力し決済

③お店にもう一度電話して決済の確認

・・・めんどくせぇーよ!って言いました?

でもここまでしないと、女性を出発させられません。

さくっとATMでも行って、現金で払うほうが良くないですか?

QRコード決済はほぼ不可能!

クレジットカードは風俗店でも利用できますが、QRコードは実質上不可能です。

考えてみてくださいよ。

決済用の端末機どうするの?

導入コストかかるし、デリヘルの場合は決済端末を女の子が持って行ってピピっと?

じゃあ、人数分必要じゃないですか?(笑)

非現実的ですよね。

でもキャッシュレス決済したらお客さん増えそうじゃない?

でもキャッシュレス決済したらお客さん増えそうじゃない?

確かに、現金がないけど、今日風俗いきたい!という人は、結構いるような気がします。

というか、私がそうですもん!

でも、先述したように、クレジット決済は超めんどくさい&割高です。

店舗型ならね、ICカードリーダーがあれば、スムーズですけど。

今、圧倒的にデリヘルのように派遣タイプの風俗店が増えているわけで。

そして、クレジットカードを不正利用されそうで怖くないですか?

実際、風俗でクレジットカード払いにしているお客さんって、決して多くないです。

いや、安全ですよ。

きちんとした優良店ならなおさら、何の心配もありません。

けど、イメージ的になんか怖いですよね。

私も、キャバクラとか飲み屋でも極力カードは切りたくないですね。

まとめ

今更ながら日本も国を挙げて、キャッシュレス決済の導入を進めようとしています。

普及率を見れば世界の先進国から大きく差を付けられてしまっている日本ですが、これからは少しずつ

クレジットカードやデビットカードに加え

QRコード決済や電子マネーを

どんどん使う人が増えるでしょう。

ただし風俗に関しては、少なくとも近未来に、キャッシュレス決済が普及することはないでしょう。

それなら、クレジットでキャッシングして行った方がずっといいと個人的に思います。

 - その他 ,