悪夢の「手取り13万円」貧困生活!風俗業界への転職なら即解決!

      2022/03/19

悪夢の「手取り13万円」貧困生活!風俗業界への転職なら即解決!

手取り13万円

なかなか嫌な響きです。

なんか聞いた覚えがあるぞという人もいれば、この言葉を改めて見て「うわあああ」と叫びたくなっている人もいるでしょう。

ニュースやネットでトレンド入りした「手取り13万円」

最低限度の生活すら不可能な、飢餓賃金と言われているこの悪魔の数字

日本国憲法で保証されている「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」さえ危ない、「手取り13万円」。

実際、手取り13万円で貧困生活に喘ぎ、将来の見通しも立たず、老後が不安で仕方ないという人も、たくさんいます。

ナンテコッタ、日本…

一部の記事では

「手取り13万円」転職での解決は無理!と情け容赦のないことが書いてあります。

しかし!

忘れていませんか?

風俗業界があるということを。

最早、セーフティネットみたいな言い方になってしまいましたが、今回はトレンド入りした「手取り13万円」風俗業界への転職なら即解決!

力強く、これを主張させて頂きます!

悪魔の数字「手取り13万円」

悪魔の数字「手取り13万円」

奇しくも13ですよ。

『13日の金曜日』、13階段…悪魔の数字だけあって、人を苦しめる「手取り13万円」。

誤解のないよう整理しておくと

手取り13万円とは

所得税や住民税、社会保険料を月の支給額から引いた額となります。

手取り13万円だと、元の支給額は約17万円ですね。

13万円って聞くと酷さが分かるんですが、求人などで月給17万円って書いてあるの、結構ありますよね?

むしろ初任給とかそんな感じじゃ?

でも月給17万円は、実際手元にやってくるお金はたったの13万円なんです。

手取り13万円でひとり暮らしの実態

他人を贅沢だと叩くのが、最近の流行なんでしょうか?

手取り13万円についても、こんなコメントが散見されました。

 

「13万円あれば、生活できる。」←生きてるだけな。

「ムダや贅沢を一切なくせばいいだけ。」←絶望…将来はよ?

「都会にこだわらず、田舎に住んで自給自足しながら…」←田舎は仕事ないから。

みんな幸せになる権利あるから!!!!

実際、手取り13万円でひとり暮らししようとなると、次のような生活になります。

家賃は手取りの1/3ルールで考えると約4万円

勿論、広さとか駅近とか新築とか便利さとか見た目とか、選べないです。

・食費は1日1000円と換算して3万円

・水道光熱費:1万円

・通信料:1万円

・雑費(日用品・消耗品):5千円

・医療費:5千円

合計10万円

計算上は、質素に生活すれば3万円残ります。

手取り13万円問題なし派も、そう言ってました。

でもこれって、外食せず、遊びにもいかず、飲み会に参加せず、風俗にも行かず、冷暖房も使用せずに…何のために生きているのか分かりません。

あ、女性なら服も買えず、美容院や化粧品にもお金回せず…です。

旅行って何ですか?デートスポットって食べられるんですか?

誰がそんな生活を好き好んでしたいでしょうか?

ちくしょう!風俗に転職だ!

ちくしょう!風俗に転職だ!

いや、マジで。

この見出しの通りになるでしょ。

風俗の初任給平均30万円です。

手取りで計算すると、約23万円!

風俗業界へ転職するだけで、10万円アップですもん!

初めからね。

もちろん昇給するし。

風俗業界への転職は難しくありません。

年齢・学歴・職歴に関係なく、やる気と謙虚さがあれば、転職可能です。

風俗業界は家賃が浮く?

10万円給料アップ!

嬉しいねえ。

でもそれだけじゃないんです。

家賃がね。

そう毎月の固定費の中で最も痛い家賃が下がる可能性があるんです。

何故なら、多くの風俗店にはがあるんです。

地方から出稼ぎに来る人、住む場所がない人のために用意されている店は、珍しくないです。

寮と言っても、学生寮みたいに、築50年の相部屋とかじゃないですからね。

普通のマンションなどのワンルームです。

でも寮であるため、家賃はかなり抑えることが可能です。

お店によっては、家賃&光熱費ゼロというところもありますからね。

これはすごい福利厚生です。

仮に家賃を徴収されても、相場よりかなり安く利用できるので、断然お得です。

風俗のお給料は求人より高い?

仮に、時給1000円の飲食店バイトとして働いたとします。

1日8時間働いて、日給8000円

月21日出勤で、168000円

この金額は変わりません。

正社員として、会社で事務仕事をしているとしましょう。

月給は17万円。

先月も今月も来月も、額面17万円→手取り13万円です。

ところが風俗のお給料は

基本給+歩合

業績に応じて毎月+αの歩合が付くんです。

歩合も数千円というちんけな数字ではなく、万単位。

店長・幹部候補になれば、歩合だけでも数十万。

嘘だろ?って言いました?

嘘ければ、ごく一部のお店だけという訳でもありません。

これは業界の常識です。

風俗店スタッフの月給は、基本給+歩合

店の売上に応じて、最初思っていたお給料以上にもらえるのです。

高収入なのに仕事は難しくない

高収入なのに仕事は難しくない

高収入な仕事はキツイ。

高収入な仕事には、特別なスキルや能力のある所謂賢い人やエリートしか就けない。

これ割と世間の常識です。

ところが風俗業界の場合、高収入だからといって難しいことは何一つないのがポイントです。

もっと言ってしまえば、転職時にスキルゼロでもなんとかなるのが風俗のお仕事です。

だって風俗スタッフのメイン業務は、接客!ですから。

風俗業界で働く男性スタッフ店員は、ほとんどが未経験からの入社です。

研修制度、接客のマニュアル化など、未経験でも活躍できる環境が整えられているのが、今の風俗業界です。

お店によっては、運転免許証、基本的なOAスキルなどを求める場合もありますが、それらがなくても働けるお店はいくらでもあります。

まとめ

手取り13万円

いつまで続けますか?

頭の中は来る日も来る日も、どうやってやりくりするか。

欲しいものも買えない、食べたいものも食べられない、趣味や交友関係を楽しむこともできない、快適さより節約。

そんな生活を一生続けますか?

貯金もできず、最低限の生活費のやりくりがいっぱい。

正直、病気にもオチオチなれません。

そんな人生を送るために、生まれてきたんでしょうか?

そして年を取り、働けなくなったら?

考えるだに、不安しかありません。

でも風俗業界に転職すれば

・初任給から30万円の月給!

・正社員としての雇用!

・家賃補助!

頑張りに応じて、

・昇進・昇給、インセンティブ!

とそんな人生を一気に変えることができます。

豊かだった時代なら、わざわざ風俗業界を選ばなくても…と考えたかもしれませんが、年収が下がる一方の昨今

風俗業界を選ぶことが、実ある賢い選択かもしれませんよ。

 - 給料 , , ,