フージョブマガジン

風俗でがっつり高収入を得たい男性に向けた、風俗転職マガジン「フージョブ」

風俗スタッフの面接でこんなヤツは間違いなく落ちる!採用されない人の特徴

      2022/01/07

風俗スタッフの面接でこんなヤツは間違いなく落ちる!採用されない人の特徴

頑張ってもまともに給料上がらない!

こんな世の中じゃポイズン〜♪

まだその歌かい!

とツッコミありがとうございます。

あけましておめでとうございます。

生米太郎です。

本年もよろしくお願い申し上げます。

この時期は、労働者にとって明暗を分ける時期です。

特にコロナの影響で、ボーナスがたくさん出てホクホクな業界正社員と、最低時給、ブラックワーク、非正規雇用…と地獄を見ている。

そう!貴方達のことです

と例の、目で人が殺せる店長なら言いそうです。

忙しい店長に代わりまして、先月はわたくし、生米太郎めが、数多くの面接を担当しました。

【風俗業界へ転職】風俗スタッフの面接。かなり多かったですねえ。

正直、疲れました、はい。

そこで今回は、店長にお願いして、まとめて頂きたいと思うのであります。

こんなヤツは間違いなく落ちる!採用されない人の特徴です。

先に申し上げておきます。

うちの冷徹店長のことですから、非常に厳しい内容となります。

が面接とは、はっきり言ってしまえば、ガンガン落とす場。

でかいマイナス要素がある限り、採用されることはないのです。

気づかないなら、永遠に不採用を繰り返し、人生を変えるチャンスを掴むことができません!

ね?店長!

失礼します。お久しぶりです。

生米君は私を鬼か何かのように言いますが、実は私自身もここへ行き着くまで、転職が多かったのです。

うち1社は半年で辞めたという、黒歴史も持っています。

だから皆さんの苦労もわかります。

ですが同時に「採用されない」特徴もしっかり指摘することができます。

私の鞭は愛の鞭

しかと受け止めて下さい。

職歴を振り返って反省しない人

職歴を振り返って反省しない人

まだまだ日本の一般社会で、転職回数が多いことは、マイナス要素です。

これはいくら批判したところで、事実です。受け止めましょう。

風俗店スタッフに応募する方は、一般的な企業に応募する人に比べると、転職回数が非常に多いのが特徴です。

履歴書に書ききれないほど転職回数がある時点で、転職できる業界や職種の幅は狭くなると理解して下さい。

1社あたりの勤続年数も3年未満・・・ひどいと1年未満という方もざらにいます。

申し訳ないのですが、採用する側は、貴方の諸事情を聞く前に、根性なかったんだなという印象を持ちます。

また、業種・職種、業界にも一貫性がなく、何も考えずにとりあえず入社したという方が本当に多いです。

 

1日の少なくとも3分の1から半分を費やす仕事について、よく考えずに決める。そして転職を繰り返す。

どうやってもいい印象にならないのは、明らかですよね。ですので、一般企業では採用されないのです。

一般企業は一般的な社会通念で判断します。

あ、皆さん、まだ息してますか?大丈夫ですか?

ところが風俗業界は、これら職歴は一切不問です。

大胆ですよね〜。

ですので、転職回数が多かろうが一貫性がなかろうが、それ自体は合否にさほど影響しません。

風俗スタッフの面接でもっとも重要なのは、そういった自分の経歴を振り返って猛省しているかなのです。

心機一転!これからは腰を据え働くぞ!という意思表示ですね。

ただ「猛省しています!」と言えばいいんじゃないですよ。

反省だけなら猿でもできる。

具体的にどんな点を反省しているかを、述べられなければいけません。

重要です。しかし難しくはありません。

ここは難しく考えずに、素直に当時の自分を振り返り反省することです。

よく転職活動でありがちな、いろんな業種・職種を経験したから~~というアピールへの変換は風俗業界では通じません。

だって選択ミスして、そこで上手くやれなかったから、今この面接の場にいるんじゃないですか。

あと風俗では、以前の職のスキルが必ず役にたつとは限らないんです。

百歩譲って、ひとつの業界に10年居たならアピールポイントにもなりますが、たかが3年未満ではなんのアピールにもなりません。

とにかく、謙虚に素直に反省することです。

そのほうが、素直さとやる気を重視する風俗業界では、好印象です。

退職理由は「会社が悪い」と言い切る人

退職理由は「会社が悪い」と言い切る人

びっくりですが、いるんですよ。

退職理由を会社のせいにする人が、最近多くいると感じます。

上司の言っていることに納得できなかったから、辞めました。

入ってみたら、経営理念に共感できなかったから辞めました。

給料が全然あがらず、給料が安いままだったので辞めました。

えっ?その答え方の何がいけないの?

と思った方は、不採用に既に片足をツッコんでます。

一つずつ説明しましょう。

上司の言っていることに納得できなかったから辞めました

  • 考え方の合わない上司
  • 虫の好かない上司

いると思います。

人間ですから。

ただし会社は組織です。

お友達付き合いではありません。

業務上は100%、上司の命令に従うのがサラリーマンです。

もちろん、上司に反対意見を述べたり、提案・主張する機会はありますよ。

ただし、納得できなくても上司の最終判断には従うべきです。

それを不満に思うのは、サラリーマン失格です。

中には、意見さえ表明できなかったという人もいるでしょうが、正常な会社である以上、仕事のできる人間には発言権が自然に与えられます。

意見を述べたければ、頑張って認められるようになりましょう。

生米君には入社して半年以上、発言権はありませんでした。

入ってみたら経営理念に共感できなかったから辞めました

入社前に調べましょう。

適当過ぎます。

今の時代、ネットでいくらでも情報収集できます。

細かい現場の実務や雰囲気までは無理でも、経営理念くらいは事前に調べられます。

適当過ぎて、怠け者過ぎて、先が心配ですね。

給料が全然あがらず、給料が安いままだったので辞めました

お気持ちはわかります。

特に昨今、給料はなかなか上がらない部分もあります。

それが風俗業界を目指す人が増えている一つの理由でしょう。

しかし、一般企業でも、結果を残せばそれなりに上がります。

ただし、そもそも3年未満とかでは、給料なんて貴方が思うほど上がりません。

1年でスピード昇進して年収1000万円を目指せるなんて、アメリカンドリームの可能性がまだあるのなんて、風俗業界くらいです。

その風俗業界でも、皆がそうなれるわけではないので、勘違いしないで下さい。

俺、スゲーよ!という人

俺、スゲーよ!という人

俺は有能、仕事ができる

それを言う前に、よく考えて下さい。

本当に優秀でエリートで凄く仕事ができる人、風俗業界へ転職なんてしません。

わたしは、この会社でスピード昇進しました。

ですが、自分がスゲーとは思ってません。

順風満帆な社会人生活を送っている方なら、風俗業界へ転職とか考えますかね?

ハーバード出てゴールドマンサックスでバリバリ働いている人間が、風俗業界にこないでしょ?

鼻にかけるほど本当に凄い職歴ならどうぞ、大手一流会社の中途採用へ応募して下さい。

キツイ言い方になりますが、そういうタイプの人は、採用されないし、採用しても使い物になりません。

風俗では「自分は凄い」というプライドは、なんの役にもたちません。

これ本当です。

むしろ邪魔になります。

一から出直すつもりで謙虚な気持ちで風俗業界への転職を考えて下さい。

わたしはそれまでの学歴や職歴など、全て過去に置いてきました。

最後に

改めて、生米太郎でございます。

目で人を殺せる店長。

無慈悲にバシバシ斬りますが、そこには様々な経験をされた過去と、深い考えがあるように感じました。

採用されることが目的なら、採用されない要素、落ちる要素を無くさないといけませんよね。

風俗スタッフ採用基準は、一般企業とはやはり異なります。

転職回数、学歴、職歴、年齢が不問、またはハンディにならない分「過去を猛省し、1から始める謙虚さ」これが大切なんです。

あとはやる気。

この特徴を持つ人であれば、風俗スタッフの面接に落ちることはないでしょう。

是非、この記事の内容を深〜く考えて見て下さいね。

 - その他 , ,