風俗スタッフの待遇や給与に地域差ってあるの?全国のソープ街を比較検証してみた。

      2024/04/05

風俗スタッフの待遇や給与に地域差ってあるの?全国のソープ街を比較検証してみた。

日本全国いろんな場所にあるソープ街。いざ働こうと思えば日本全国どこでも働けるのが風俗スタッフというお仕事です。

 

冬は南国で働いて夏は北国で働いて、といった具合のアドレスホッパー風俗スタッフとか、旅好きならば一度は憧れるライフスタイルですよね?

またアドレスホッパーとまでは行かないけれど、引っ越しが趣味で1つの街に住んでるとすぐに飽きちゃうという人にとっても、風俗スタッフは働きやすいお仕事の1つであるとも言えます。

そのため風俗スタッフ求職者の中には「地域毎の特徴」や「給与・待遇面の違い」があるのかどうかが気になるという人も多いかと思われます。

そこで今回は、主要なソープ街の地域ごとの特徴や給与について紹介していきたいと思います。

日本各地にソープ街は存在する

日本各地にソープ街は存在する

日本三大ソープ街といえば「吉原」「雄琴」「金津園」の3つがよく挙げられます。

また、三大ソープ街以外でよく名前が挙がるエリアは、川崎や福原、すすきの、中洲などの地方都市にあるソープ街が多くなってきます。

でも実際は、大小問わずカウントしていくと、日本全国には30以上のソープ街が実在していると言われているんです。

価格帯やコンセプトこそ違えども、基本的にはプレイ内容は似ているというのがソープという営業形態の特徴とも言えます。

 

でも、価格やコンセプトが違ったとしても、地域毎にならば、何か特徴があるのかどうか気になる人も多いのではないでしょうか?

確かに地域ごとの特色と言われてパっと浮かぶのは

吉原 江戸幕府公認遊郭時代の名残のある由緒正しき高級路線

雄琴 他の地域より観光色が強くて、温泉街とソープ街のどっちの意味でもスッキリできる

金津園 全国的に珍しい、ピンクチェアを使った特殊なプレイ

みたいなイメージが漠然とありますよね?

次項からは人気エリアや穴場エリアの特徴をいくつかご紹介していきたいと思います。

ソープ街毎に特徴はある?

ソープ街毎に特徴はある?

【北海道・東北エリア/すすきの】

すすきのは北海道・東北地方最大の繁華街で日本三大歓楽街の1つです。

ソープだけでなく飲み屋やヘルスなどいろんな夜の遊びが楽しめるエリアとなっておりまして、地元民だけではなく観光客の利用も多いのが特徴です。

すすきのには高級店クラスのお店もありますが、基本的に非常にリーズナブルに遊べるお店が多いのも特徴の1つです。

 

因みに北海道・東北エリアのすすきの以外のソープ街は次の3つがありますよ!

いわき・小名浜(福島)

福島県唯一かつ東北最大規模のソープ街です。

ところで「オナハマ」という地名の響きはオランダで言うスケベニンゲン的なエロ地名感があって良いですね。

国分町(宮城)

国分町はソープ街のみならず、クラブや飲み屋などが並ぶ歓楽街でもあります。

2016年に惜しまれつつ閉館した仙台ロックもかつては国分町のランドマーク的な存在でした。

川反(秋田)

昭和の名残漂う秋田県内唯一のソープ街です。

近年このエリアにはデリヘル店舗も増えているようですね。

【関東エリア/池袋】

東京のソープ街といえば吉原を連想する人も多いのですが、池袋もアツいエリアの一つです。

池袋はソープ以外にホテヘルなどのお店も多くなっておりまして、価格帯が大きく上下せずに一定の金額で固まっているのが特徴です。

関東エリアの池袋以外のソープ街は次の6つ!

吉原(東京)

 

日本で最も有名なソープ街と言えば、江戸幕府公認遊郭時代から連綿と続く老舗の色街・吉原で間違いなしですね。

日本で一番映画の題材になっている色街とも言えるでしょう。

大宮(埼玉)

ソープ街だけでなく、変態バーやラブホ街、競輪場など昼夜問わず様々な欲望が渦巻く街です。

西川口(埼玉)

埼玉では大宮と双璧をなすソープ街が西川口になります。

 

その昔NK流という本サロが流行っていたこともありましたね(注:違法です)

川崎、堀之内(神奈川)

コミック版「孤独の◯ルメ」で主人公が「焼肉街の隣がソープ街って……」って呟くシーンがありましたね。

食欲も性欲も完結できるというある意味三大欲求循環システムな街です。

横浜(神奈川)

駅を挟んでオシャレデートスポット側出口、男の欲望渦巻くソープ街側出口というのが微妙に「天国と地獄」感がありますね。

どっちが天国か地獄かは解釈次第と言えるでしょう。

栄町(千葉)

千葉都市モノレールの栄町駅からなら徒歩1分で来れちゃうという、アクセス抜群なソープ街です。

【北陸・東海エリア/大門】

大門は名古屋にあるソープが集まっているエリアです。入浴料のことを泉料と言う点や総額の表記がないことも多いのが特徴です。

 

大門のソープ街の店舗数は10店舗以下と少なめなのですが、在籍女性のレベルは高めというのも特徴の1つですね。

北陸・東海エリアの大門以外のソープ街は次の3つです。

金津園(岐阜)

金津園ソープはピンクチェアという全国的に珍しい椅子を使ったプレイが特徴です。

 

いつかガチのマジで製造メーカー取材してみたいですね。

古町(新潟)

新潟県内唯一のソープ街で、江戸幕府時代からの色街です。

古町通5番町と東堀通5番町の間にある路地、「昭和新道」と呼ばれるエリアが古町のソープ街になります。

片山津温泉(石川)

ソープ街と温泉街が徒歩圏内です。なので例えば社員旅行の宴会でフロアーショーやピンクコンパニオンの接待を楽しんだ後に、

二次会感覚でソープ街に繰り出してスッキリするコースも組めますね。

【近畿エリア/福原】

福原は【西の吉原】とも呼ばれ、かなり人気のあるエリアです。

明治時代に福原遊郭として設置された古くからあるソープ街ですが、吉原と違いリーズナブルな価格帯のお店の激戦区となっております。

また大阪にはソープがないため、大阪から来る利用客が多いのも特徴です。開店前から人が並ぶレベルで早朝が安くお得に遊べるようになっています。

近畿エリアの福原以外のソープ街は次の2つ!

雄琴(滋賀)

温泉街とソープ街、どっちの意味でもスッキリできますね。また、観光も多く昼夜どちらも楽しそうです。

新雑賀町(和歌山)

新雑賀町の一帯にあるぶらくり丁・東ぶらくり丁がソープ街となっております。

 

以前には白浜にもソープがあったようですね。

【中国・四国エリア/高松】

高松・八重垣新地は四国地方最大のソープ街です。立地が特徴的で海沿いにあるので、夜になるとネオンで輝くソープ×海という独特な風景を楽しむ事ができます。

 

欲望のネオンきらめく夜の海ってまるで寺山映画のワンシーンみたいですね。

いろんな価格帯のお店が揃っていて、サービス精神旺盛な女性が多い傾向があります。高知のはちきん(気が強くて働き者の女性)美女に翻弄される至福の時間、楽しそうですね。

中国・四国エリアの高松以外のソープ街は次の3つ!

薬研堀(広島)

歓楽街や観光地にも近い、中国地方最大のソープ街です。

また老舗の格安店が多いエリアでリーズナブルに遊べます。

堺町(高知)

とさでん交通はりまや橋駅から南のエリアにあるソープ街です。

 

高松・八重垣新地とはまた一味違うはちきん美女と遊べそうですね。

竹崎町(山口)

下関市竹崎町にある山口県唯一のソープ街です。

【九州エリア/中央街】

熊本のソープ遊びといえば中央街です。熊本のソープは濃厚サービスが特徴的で、熊本流と呼ばれる即即NSプレイが楽しめるお店も多くなっております。

また、日本三大ソープである吉原「ピカソ」、雄琴「フォーナイン」と並ぶ1つが熊本・中央街にある「ブルーシャトウ」です。

九州エリアの中央街以外のソープ街は次の6つ。

中洲(福岡)

屋台村や歓楽街もあるので、ソープのみならずナイトレジャーが全般的に楽しめる街です。

小倉(福岡)

小倉駅の西側にある船頭町は、明治時代には旭遊郭として知られておりました。

 

名前は変わっても今も昔も男の欲望を満たしてくれる街であることに変わりありません。

嬉野・武雄(佐賀)

嬉野温泉は「日本三大美肌の湯」で有名です。武雄温泉も「美人の湯」と呼ばれております。

 

美肌の湯、美人の湯で磨き上げられた美女とのプレイが楽しみですね。

別府(大分)

別府というとどうしても温泉激戦区のイメージが強いですが、竹瓦温泉周辺にあるソープ街は、男たちの隠れた名所です。

甲突町(鹿児島)

「日本一寂しいソープ街」としてメンズサイゾーに取り上げられていました。

 

都会の喧騒と繁華街の猥雑さに食傷気味の方にはうってつけの場所かもしれません。

那覇市・辻(沖縄)

国際通りの西にある元琉球王府公認の遊郭、現ソープ街が辻です。

 

日本唯一の亜熱帯気候なのも特徴なので、冬の寒さから逃れて美女の肌で温もりを求めに行くのも一興です。

給料や待遇に地域差はある?

給料や待遇に地域差はある?

給料の平均は以下の通りです。

【エリア別の支給額平均】

北海道・東北 平均30万/月

関東 平均30~35万

北陸・東海 平均23~25万

近畿 平均30~33万

中国・四国 平均25~30

九州 平均25~30万

 

待遇面の地域差はそんなに極端な差はなさそうですね。

給与面も多少は上下するものの、全国的に25~30万前後の店舗が多くなっております。

例えば給料が低い地域であっても、周辺の物価自体がそんなに高くなくて生活費を抑えやすいエリアもあります。

仕事内容も大きく変わるわけではないので、住んでみたかったエリアで働くもよし、物価が安いエリアで固定費など支出を抑えつつ貯金するのも良しと、選択肢は自由です。

 まとめ

日本全国津々浦々、色々な特徴のソープ街が存在していますが、男性の欲望がある限り働き口が見つかるというのが風俗スタッフのお仕事です。

様々な男性たちの欲望を叶えながら街から街へと渡り歩くアドレスホッパー暮らしも良し、気に入った街が見つかったらそのまま定住する暮らしも良しと、働き方の選択肢は様々です。

 

皆さんもお気に入りの街を探しながら働いてみてくださいね。

 - 業界の知識 , , ,

コスパラの風俗スタッフ求人

この記事を書いた人

miumiureise
東南アジアとヨーロッパを中心に外こもりライフを満喫中。日本の夜遊びはだいたいハプバーかフェティッシュイベントが好きだけど、昼間は美術館でヌード作品の鑑賞が好き。