【風俗嬢向け】短期集中的に稼ぎたいならおススメの業種はコレ!

   

【風俗嬢向け】短期集中的に稼ぎたいならおススメの業種はコレ!

現在、コロナ第七波と言われていますが、予想では感染のピークは去年より早いのではないかと予想されています。

そうなると…「おでかけしたい!」「エステや美容サロンに行きたい!」「旅行したい!」「ホテルのスイーツビュッフェに行きたい!」みんな、色々計画していますよね。

そのためにはお金が必要!

自分に合った、最も効率良い働き方が出来るお店を選ぶことが、高収入GETの第一歩です。

集中的に稼ぎたいなら

集中的に稼ぎたいなら

アフターコロナバブルはそれほど長く続かないかも…稼ぐなら集中して一気に稼ぎたい…そんな人にオススメなのが、次の業種になります。

◇ソープ

◇箱ヘル

◇ホテヘル

ソープのお仕事内容

ソープ(ソープランド)は、店内の個室でサービスをする店舗型風俗店です。派遣型のお店のように移動時間がないため、時間のロスが少なく、同じ時間でより多くのお仕事をこなせます。

 またソープのサービス内容は、風俗店の中で最も濃厚な最後までのサービスとなっており、そのため他業種に比べお給料バックが高く設定されている傾向があります。

ソープには高級店、中級店、大衆店、格安店…と様々な価格帯のお店があり、サービスのハードさや体への負担、お給料バックの高さ、を考えて自分に合うお店を選べば、風俗の中でも集中的・効率的に稼げると言えるでしょう。

箱ヘルのお仕事内容

最後までのサービスはちょっと…という女性には、箱ヘル(ファッションヘルス)という選択肢もあります。ソープ同様に店舗内の個室でサービスしますが、お仕事内容はあくまでヘルスプレイ。

キス、ボディタッチ、フェラチオ、素股などのサービスはしますが、最後までのサービスはありません。お給料はソープより割安になりますが、移動時間のロスなく回転数で稼ぐことができる業種です。

ホテヘルのお仕事内容

ソープや箱ヘルの場合、出勤から退勤まで、小さな個室(お風呂場とベッドが同じ部屋にある)で過ごすことになります。お客さんが続いた場合、片づけ・次の接客の準備・簡単なメイク直しなど身だしなみを整えるところまで含め、インターバルは15分程度。

忙しいお店や繁忙期であれば、3本、4本…とお仕事が続きます。体力的にキツイ女性も少なからずいるでしょう。

遠方への派遣など大幅な時間のロスは嫌だけど、ソープや箱ヘルほどキツキツのスケジュールで働きたくない。

という女性には、ホテヘル(ホテルヘルス)がオススメです。ホテヘルは、お店の事務所から徒歩で行ける距離にあるラブホテル・レンタルルームへ行き、そこでお客さんにヘルスサービスを行うお店です。

移動時間が短いので、お仕事が多く入れば、効率良く稼ぐことができます。

本業優先で、空いた時間を有効利用したいなら

本業優先で、空いた時間を有効利用したいなら

他に仕事がある女性。本業優先で、空いた時間を有効利用したい、そんな女性にオススメなのは「ホテヘル」「デリヘル」です。

 理由はこちら!

自由出勤:自分で自由に出勤シフトが決められる。

出勤調整なし:1日に何人出勤してもOK。

ホテヘルの営業時間と出勤

ホテヘルは、お客さんが立ち寄る受付所を持つスタイルの風俗店です。受付を済ませたお客さんは、指示されたラブホテルやレンタルルームに移動します。

受付型風俗店の営業時間は、ソープや箱ヘル同様、深夜24時までと法律で定められています。

営業開始時間は、午前中のお店もあればお昼からのお店もあります。

例えば終電までに帰るなど、営業時間の範囲内で働くのであれば、ホテヘルは良い選択肢です。ラブホテルなどへ行ってのサービスなので、店の個室数に合わせて出勤人数や出勤時間を調整する必要がありません。

なのでソープやホテヘルのように

(例)

①早番 9時~17時 / 遅番 17時~ラスト のどちらかを選ぶ

②出勤曜日固定

といった縛りがありません。

女性の働きたい曜日・時間でシフトを出し、例えば今週と来週で出勤スケジュールを変更しても構わないのです。風俗専業でなく、学校や昼職などと両立したい人にとっては、完全自由出勤であることはとても重要です。

デリヘルの営業時間と出勤

デリヘル(デリバリーヘルス)とは、お客さんの自宅やホテルへ女性を派遣してそこでヘルスサービスを行うお店です。実店舗も受付所も不要で、電話受付する事務所と女性の待機場だけで、24時以降も営業できる唯一の風俗です。

現在、全国で最も数が多い風俗店はデリヘルです。

派遣エリアの範囲はお店によって異なり、中には片道1時間以上かかってしまうような遠方派遣もあります。移動時間のロスは他の業種に比べ多いですが

◇比較的ロングコースを選ぶお客さんが多い。

◇単価が高く設定されている。

ですので、日給トータルで見れば決して箱ヘルやホテヘルに劣るわけではありません。またお店のデリヘル専用車での移動時間が、そのまま体を休める時間になりますので、未経験・初心者にもオススメです。

営業時間は朝方5時までのお店もあれば、24時間営業のお店もあります。もちろん出勤調整もありません。夜遅い時間に働きたい、早朝に働きたいといった女性にとっては、最も便利なお店だと言えるでしょう。

まとめ

風俗では出勤時間が長い程、お給料に反映されます。なぜなら、それだけお客さんに付くチャンスの回数が増えるからです。

そのため、自分の働き方にあったお店を選ぶことと、昼職との掛け持ちで、出勤できる日、または出勤時間が限られたりする場合は、移動のロスや出勤調整が無い、業種を選ぶことが重要となります。

 - 風俗嬢向け , , , , , , ,